修士論文リスト
Year Name Title
2014 H. Kikushima スマートフォンとレーザー距離計を組み合わせた森林調査のアプリケーション開発
2014 H. Takahashi 工法の異なる林内路網の路面支持力
2013 M. Yoshida 森林バイオマス利用における集材システムとチッピング
2012 H. Aizawa 森林作業道の波状縦断勾配による路面水排水効果
2012 J. Kusahana 集約化施業における収益面から見た団地の適正規模
2011 M. Tanaka  NPOによる里山の森林整備と生産林化への取組
2009 J. Song GISを利用した路網計画手法の開発
2008 A. Ichimaru 中高生の意識調査に基づく森林教育の効果とレクリエーション機能
2008 K. Imai 森林木質バイオマスの収集効率とバンドラ作業システムに関する研究
博士論文リスト
Year Name Title
2014 L. Rianthakool Establishment of biomass supply chain of residue from rubber plantation regeneration
2014 J. Song Development of a method of forest road network planning using GIS that discriminates and avoids dip slopes

修士、博士については各々のテーマ次第ということですが、当研究室はフィールドとのつながりが強く、ほとんどの場合、実際の事業体や大学演習林などとコラボレートしながら研究を進めています。
出張が多くなる場合もあるため、研究計画の立案が重要です。

当研究室で論文は読むことができます。また、論文の一部は査読付き科学雑誌に掲載されているため、web上でも読むことができます。Article listをご覧ください。